38歳の転職を成功させる方法まとめ:キャリアを生かして即戦力になろう

転職を考える人の理由はそれぞれで、その理由によって、転職先に求める条件も変わってきます。転職をするからには心機一転、頑張ろうという気持ちになるものです。

仕事が合わず転職、キャリアアップを目指して転職など、さまざまな理由があるでしょう。年齢が若ければ、求人数も多く、転職を成功させる確率も高まります。

では、38歳の転職はどうでしょうか。

38歳というと、ちょうど働き盛りで、社内では中堅もしくは、上司と呼ばれる立ち位置でしょう。38歳で転職を考えたときには若干高齢に位置付けられ、場合によっては転職が上手くいかないときもあるでしょう。

以下では、この38歳という年齢にポイントを当てて、転職を成功させる方法を紹介します。

38歳での転職で注意しておくべきポイント

まず、以下では38歳の転職において、注意しておくべきポイントを紹介します。

未経験業種は厳しいということを知っておく

20代の転職と比べ、38歳は定年まで時間的な余裕がありません。企業側が、専門的な知識や経験、スキルを0から教える余裕はないというところがほとんどです。

そのため、未経験の業種や職種への転職は厳しいということを知っておきましょう。

即戦力としての能力が求められる

38歳は定年まで30年以上ある20代とは違い、企業側がかけられるコストが低いです。そのため、ほとんどの企業において、即戦力としての能力が求められることに留意しておきましょう。

勤めてきた会社での専門的なスキルや、知識を活かせるような転職先を探すとスムーズに進みます。

転職先での出世は厳しくなる

38歳で転職すると、転職先での出世は厳しくなります。他の人間に比べて、入社時期が大幅に遅れてしまうからです。

熾烈な出世レースのプレッシャーから、仕事に追われ、日常生活に支障をきたす人もいるくらいなので、うまく割り切ってしまいましょう。

38歳の転職を成功させる方法

では、38歳の転職において、どのような方法を取れば、成功させられるのでしょうか。以下で詳しく紹介します。

転職動機を明確に把握しておく

なんとなく転職活動をしていても、なかなか自分の希望に合う企業が見つからなかったり、選考で落とされてしまったり、運よく採用されても同じような問題をかかえて再度転職を検討し始めるということにもなりかねません。

そうならないために、自分はなぜ転職したいのか、どういった企業でどういった仕事に就きたいのかといったように、できるだけ明確に転職理由を把握しておくようにしましょう。

そうすることで、企業へアピールしやすくなり、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

周りを頼ってみる

38歳となれば、ある程度人脈が広いでしょう。その人脈を活用して、転職活動に役立てる方法です。まずは、周りに転職先を探していることをアピールしてみましょう。そうすることで、転職先に関する情報が自然と集まってきます。

また、そうして集まってきた情報は、実際に職場を経験した人から流れてくる可能性が高いため、他では得られない生の情報を得ることができます。さらに、転職先を紹介してもらえる可能性もあります。

企業に直接応募してみる

多くの企業は、公式サイトに採用情報を掲載しているのにも関わらず、見られることが少ないため、転職サイトに求人情報を預けています。

そのため、企業に直接応募してみることで、アピールすることができます。

また、中途採用は35歳までという規定が設けられている企業も多いですが、そういった企業にも、直接問い合わせてみることで選考の場を設けてくれるかもれません。

気になる企業があれば、まずはコンタクトを取ってみましょう。

転職エージェントを活用する

38歳となると、会社でもある程度重要な役職を任されていたり重要な立ち位置にいる場合もあるでしょう。そういった人たちにとって、仕事と並行して転職活動をしようとしても限界があります。

そういった場合には、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントに登録すると、数多くの求人情報にアクセスできるのです。

また、数ある転職エージェントの中でもおすすめなのが、リクルートエージェントです。

業界トップクラスの求人数を誇るこのサイトに無料登録すれば、専任のキャリアアドバイザーが自分の希望にあった求人を紹介してくれます。また、それだけでなく、提出書類の添削、面接対策や自分では言いづらい待遇や給与の交渉まで行ってくれます。

こうした徹底的なサポートを受けられるため、転職したことがない人も安心して転職活動を進めることができるので、おすすめです。

登録は無料でできるので、この機会にぜひ活用してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

まとめ

38歳は、若干高齢という位置付けです。

転職を成功させるためには自分の転職理由を明確化し、転職先へのアピールをしっかり行う、妥協する所は妥協する、知識を蓄えることが大切です。

転職活動のラストチャンスだと思って、しっかりと準備を行うことが成功の鍵となります。