48歳の転職を成功させる方法まとめ:条件を明確化することがカギ

人生にはいくつもの分岐点があり、その分岐点とは人それぞれです。代表的な人生の分岐点に、転職が挙げられます。

仕事が辛い・やりたいことが他にある・スキルをもっと向上させたい、など転職の理由はさまざまです。

48歳といえば、仕事も板につき、上司や重役を任されている年齢です。しかし、一般的に48歳での転職はリスクが高く、難しいとされています。

実際に、48歳という年齢での転職は可能なのでしょうか。

今回は、48歳で転職を成功させる方法を詳しく紹介します。

また、48歳からの転職を成功させるには、リクルートエージェントというサイトがおすすめです。業界トップクラスの求人数を誇るこのサイトは、一般に公開されていない非公開求人が充実しています。

登録すると、専任のキャリアアドバイザーから徹底的なサポートを受けられるので、転職活動を経験したことがない人も安心して転職活動を行うことができ、おすすめです。

登録は無料ですのでぜひチェックしてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

転職に成功する人と、失敗する人の違い

48歳の転職を成功させる方法の前に、転職に成功する人と失敗する人の違いを紹介します。

退職する前から、就職活動を始める

退職前からの就職活動は、保険の制度が大きく関係してきます。大体が「退職するんだ、どうせなら失業保険もしっかり貰おう」と考えるはずです。

この考えは決して間違いではありません。

しかし、今の制度は「自己の都合での退職」の場合、3ヶ月間、失業保険が貰えない制度になっているのです。そのため、転職までの期間に、収入がゼロになる期間が出てきます。

会社勤めの間は、社会保険などの保険に加入していますが、退職し、無職の間は国民保険に加入しなければなりません。保険手続きの手間を考えると、転職を失敗したときのリスクが高まります。

現在の職場に勤めながら、有給などをうまく利用して、他社の見学や面接などを行い、退職と共に再就職というスムーズな流れが理想です。

転職する理由を明確にする

転職したい理由は人それぞれです。

例えば、残業が多い・給与が低い、という理由で転職したにも関わらず、転職先でも残業があったり、実際は給料に変化がないとなると、転職は失敗となります。

転職を成功させるには、自分がなぜ転職したいのか、どういった仕事に就きたいのか、といった転職をする理由をできるだけ明確にすることが大切です。

また、転職理由を明確にすることによって、転職したい企業へアピールをしやすくなり、スムーズに転職活動を進めることができます。

条件に折り合いをつける

転職先を探す際は、さまざまな企業の求人をチェックしますが、自分が求める条件に完璧に合う求人というのは、なかなか見つからないものです。

自分の希望だけを追い求めて転職先を探していると、最悪、転職先が何年も見つからないという状況が続き、結果何だかんだで選んだ企業に就職してしまい、また同じような問題を抱えて転職を検討し始めるということになりかねません。

48歳の転職において重要なのは、ある程度待遇面や給与面などで、条件に折り合いをつけることです。もちろん自分を過小評価しすぎるのはよくありませんが、そのまた逆も然りです。

自分の転職の条件の中で、最悪諦めても大丈夫という条件を明確化することで、転職先選びの幅も広がり、転職成功に繋がるでしょう。

48歳で転職を成功させる方法

48歳という年齢での転職を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか。以下では48歳で転職させる方法を詳しく紹介します。

企業に直接応募してみる

ほとんどの企業は求人を求人サイトやリクルートサイトに預けます。理由は、企業が公式ホームページに採用情報を掲載しているのにも関わらず、実際にチェックする人が少ないからです。

そのため、企業に直接応募することで、アピールすることができます。大量に送られてくる転職サイトやリクルートサイト経由の応募とは違い、直接応募すると、書類にじっくり目を通してもらえるかもしれません。

また、採用情報を掲載していない企業にも直接問い合わせることで、選考の場を設けてくれる場合もあります。

気になる企業があれば、まずはコンタクトを取ってみましょう。

周りを頼ってみる

48歳となれば、若手のころと比べて、ある程度人脈を広げられているでしょう。そういった人脈を活用して転職先を見つけるのも1つの手です。まずは周りに転職先を探していることをアピールしましょう。

そうすることで、自然と転職先に関する情報が集まってきます。また、そういった情報は、実際に働いた経験がある人から流れてくるため、ネットでは得られない生きた情報を得ることができます。

今までのキャリアにこだわらない

人生経験が豊富だからこそ、今までのキャリアや経験に自信を持つことは、決して悪いことではありません。しかし、転職となれば話は別です。

企業は基本、フレッシュな新人や、経験豊富な20代後半、30代前半の人を積極的に採用します。また、多くの大企業では、中途採用は35歳までという規定が設けられています。

時間や労力などのコストを考えても、48歳の人に投じるよりも、若い人に投じた方が将来性が見込めるからです。

転職活動の長期化を覚悟しておく

年齢が高くなるほど、もちろん求人の数も減ってきます。

先を急いで適当に転職先を選んでしまうと、自分が転職先に求める条件と実際の条件が違うという場合もあるので、時間をかけて、じっくりと転職活動を行うことも大切です。

さまざまな雇用形態を視野に入れる

もちろん転職先でも、正社員というのは理想です。しかし、ただでさえ高齢の求人数が少ない中、正社員採用は狭き門となります。

アルバイトやパート、契約社員からのスタートで、キャリアを積んで、正社員になるという選択肢も視野に入れておくと、転職成功に繋がる可能性が高まるのです。

<転職エージェントに登録する/h3>
転職活動に割ける十分な時間がなく、求人自体が少ない48歳の転職を成功させるために、転職エージェントに登録することをおすすめします。

また、転職エージェントでおすすめなのが、リクルートエージェントです。無料登録すれば、専任のキャリアアドバイザーが、業界トップクラスの数を誇る求人から自分の希望に合った求人を紹介してくれます。

さらに、提出書類の添削から、面接対策、自分ではなかなか言いづらい待遇や給与の交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

ぜひこの機会にリクルートエージェントを活用してみてください。