手相が転職の成功時期を教えてくれる?仕事運や運命線の見方をチェックしよう!

手相にはさまざまな意味を持つ線がありますが、残念ながら転職線というものはありません。

しかし転職の成功時期は他の手相で見ることができます。今回は転職や仕事運についての手相を詳しくみていきましょう。

転職の時期が分かる手相の見方も紹介していくので、仕事にやりがいを感じていないなどのさまざまな理由から転職を考えている人は、ぜひチェックしてみて下さい。

転職したくても成功する自信がなかったり、金銭的な理由から踏み出せない人は、一度電話占いのココナラに相談してみてはいかがでしょうか。24時間対応可能なので、残業などで今の仕事が忙しい人でも気軽にアドバイスを貰うことができます。

3000円分無料!ココナラで電話占いをする

転職時期かどうかは木星丘で分かる

人差し指の付け根にある丘のことを木星丘といいます。

木星丘のある人差し指は木星のエネルギーを受ける指だと言われており、リーダーシップや努力、野心、権力、独立心などを表します。仕事関係を見るときにとても重要であるといえるでしょう。

そんな木星丘の色が悪くなっている時は要注意です。色が悪くなっている時は仕事が行き詰まっていることが多いため、心身ともに疲れているという意味になります。

このまま今の状況を続けていけば、体調を崩したり私生活に悪影響を及ぼしていくことになるかもしれません。そのため、状況を変える必要があり、転職時期として捉えても良いかもしれません。

さらに、木星丘の色が悪くなっている時に人差し指が怪我をしている場合は、すぐにでも今の状況を変える必要があります。そうでないとさらに状況が悪くなってしまうそうです。

まずは木星丘をチェックして自分は転職するべきか見定めてみましょう。

仕事運を見るなら運命線

手のひらの中心に中指に縦真っすぐに伸びる手相のことを運命線といい、運命線は仕事運を見るのに最も適した線だと言われています。

運命線を見ることで結婚や仕事の運勢、さらには人生における転機成功の時期を知ることができます。

そんな運命線が薄くなっている場合は注意が必要です。薄くなっている場合は今の現状に満足できていないということを意味します。

そのため、転職するのに適したタイミングと言えるでしょう。転職して仕事が楽しくなってくるようになると、運命線は濃くなってくるはずです。

また薄さだけでなく、運命線の線のでき方にも注目です。もし運命線が途中で切れて、その先に新しい運命線が伸びているのであれば転職で成功する可能性が高いでしょう。

サポート線

運命線を見る時に、サポート線という手相が出ていないかチェックしてみましょう。サポート線は運命線に沿って出る細かくて短い線で、頼りになる協力者が現れるといいます。

転職したいのであれば、仕事の相談を身近な人に相談してみると良いでしょう。良い転職先を教えてくれたり、仕事や転職をする上でなにかとサポートしてくれたりということがあるかもしれません。

生命線からも転職運は分かる

人差し指と親指の付け根の間からカーブするように手首にかけて伸びる手相のことを生命線といいます。生命線をよく見て下さい。支線が出ていませんか?

支線とは線の途中から別の線が出ていることをいいます。生命線からこの支線が上向きに何本も出ている場合、運気が上昇しているということになります。転職のタイミングとしてはバッチリです。

向上線

生命線から中指に向かってまっすぐ線が伸びていることがあります。この手相のことを向上線といいます。濃く長く向上線が出ている場合、仕事面で希望していたことが叶うということになります。

自信を持って前向きに行動していくことで希望を叶えることができるでしょう。やりたい仕事があるのであれば、転職して挑戦してみてもいいかもしれません。

手相を見て転職を成功させよう

今回は転職運が分かる手相の見方を紹介しました。手相は変わるものなので、新しく転職して挑戦したい仕事がある人は、定期的にチェックして転職時期を逃さないようにしましょう。

もし、現在転職を考えていて成功させたいと思っている人は、電話占いのココナラで仕事運を相談することをおすすめします。ココナラには全国から1,000人以上の占い師が集まっており、口コミから様々な占いを選ぶことができます。

家庭のことを考えて転職する勇気がない人も、占い師のアドバイスに後押ししてもらえるかもしれません。24時間どの時間にも占い師が相談に乗ってくれるので、仕事のスキマ時間にも使いやすいのが魅力です。

今なら期間限定で、最大30分が無料になるクーポンを配布中なので実質無料で利用できます!ぜひ一度電話占いをしてみてはいかがでしょうか。

3000円分無料!ココナラで電話占いをする