スムーズに仕事を辞める方法:退職までの具体的な流れをご紹介

仕事を辞めたくなった時、できればスムーズに何事もなく辞めたいですよね。しかし、仕事を辞める方法自体がわからない人や、辞めることをどう伝えたら良いのかわからない人も多いでしょう。

退職の理由をしっかり持つことや、退職するためのちゃんとした手順を追うことはとても大切です。

今回は、仕事を辞める方法とスムーズに辞めるための理由をご紹介します。

また、仕事を辞めたあとに転職を考えている方には、転職サービス「リクルートエージェント」をおすすめします。あなたの職務経験や能力にあった転職プランを、専門のアドバイザーが考えて提案してくれるので、転職初心者でも安心。

10万件を超える求人のうち約8割が非公開求人となっているので、試しに登録してみると掘り出し物の転職先が見つかるかもしれません。

リクルートエージェントに無料で登録する

正社員の仕事を辞める方法

仕事を辞めるとなった時、会社ごとの差はありますが平均して大体最低1ヶ月は期間が必要と言われています。

その1ヶ月間にやらなくてはいけない退職の流れをご紹介します。

1.退職予定日を決めておく

本当に退職をしたいと考えている方は、しっかりとしたビジョンで退職までの流れをイメージする必要があります。そのためには、まず退職をする時期を考えなくてはなりません。

周りの人に伝える時にもしっかりとした目安になりますし、なによりもそれを目標に自分が動きやすくなります。

厚生労働省のデータによると、基本的には2週間から1ヶ月が退職に必要な期間だと言われているので、少し目安にしながら行動しましょう。

円満に退社したければ、やはり忙しくないタイミングを狙うべきです。いくら正当な理由があっても、みんなが忙しい時期に急に欠員が出ると誰でも不満に思ってしまいます。

2.退職の意思を直属の上司に伝える

退職することを決めたら、退職届を提出する前にまずは退職意思を伝えましょう。

そのときは実際に退職する日にちと理由を決めて、相談するのではなく、退職しますと言い切ることが大切です。

相談すると、退職を止められてしまう可能性もあるので、自分の決めた意思をしっかりと伝えましょう。

この時注意したいのは、まずは直属の上司に伝えるという点です。また、就業時間中にこの話をするのは望ましくないでしょう。しっかりとアポイントをとって、2人になれる環境を作ってから打ち明けるのがベストです。

3.退職願・退職届を提出する

必ずしも必要なわけではありませんが、退職意思を伝えたあと会社から退職願または退職届が要求される場合があります。

要求された場合は、退職をスムーズに進めるためにもなるべく提出しましょう。さらに会社から借りていたものや、退職のための書類なども提出する必要があります。

例えば、社員証などの身分証明書や健康保険証、名刺や制服・作業着などです。逆に年金手帳や退職証明書など、会社から受け取るものもあります。

3.退職届が必要ない場合

会社から退職届などが要求されない場合もあります。

そういうときは、仕事を辞めることを口頭で伝えなくてはいけません。

前もって何月に退職するということを伝えておくとスムーズに辞めることができます。

急に辞められると、会社側も新たな人手を急いで探さなくてはなりませんし、さまざまな問題も出てくるので、予め伝えるようにしておきましょう。

しかしいざ仕事を辞めるとを言い出すとき、何て切りだそうかなと考える人は多いはず。スムーズに仕事を辞められるように、理由はしっかりと準備しておきましょう。

4.保険や年金などの手続きを済ませる

会社によって異なりますが、退職のための手続きは会社とだけではありません。

例えば、会社が団体の保険に加盟していたらその解約もしなくてはいけませんし、そのような手続きは個人だけの問題ではないので時間がかかる可能性があります。

国民健康保険の場合、手続きは退社後14日以内にしなければならないので、できる手続きや準備は早めに済ませておくと楽でしょう。

5.仕事の引き継ぎをする

退職届けを提出して辞めることが正式に決まると、自分がやっていた仕事などの引き継ぎをしなくてはなりません。

その場合は、事前に仕事をリストアップした引き継ぎ資料などを作っておくとスムーズにおこなうことができます。

退職日が決まっているので、引き継ぎのスケジュールを立てておくとより良いです。

6.関係者への挨拶

仕事の引き継ぎと同時に進めておかなければならないのは、関係者への連絡です。

直属の上司にだけ退職すること伝えるのではなく、お世話になった会社の人や関係会社への挨拶は社会人としてしておきましょう。

直接挨拶ができれば一番良いですが、すべての関係者に直接というわけには行かないので、電話などで伝えることになっても問題ありません。

退職後、転職を考えている人はリクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントでは、転職のサポートはもちろん、退職に関するサポートも充実しているのが特徴です。

前の仕事に支障を与えず、スムーズに転職先を探すことが出来るので、ぜひ登録してみてください。

退職届の書き方

退職届には、職場によって決められた様式のものが用意されている場合もありますが、自分で便箋を用意して提出することもあります。

会社によって提出先が違ったり、退職の数ヶ月前に提出しなければならないなどの制約もあるので、事前に確認しておきましょう。

退職願・退職届・辞表の違い

退職願は、口頭だけでも可能だといわれている退職を会社に願い出るための書類です。基本的には、会社の直属の上司に渡します。

退職願を提出することで、より退職に対する気持ちが強い印象を与えるため、絶対に退職をしたいという強い思いがある方は、提出をしてみると良いかもしれません。

次に退職届ですが、これは退職することが決まってから提出する書類です。企業ごとに決まったフォーマットを利用する場合もあれば、自分で用意することもあるので確認しておきましょう。

最後に紹介する辞表は、会社員が出す必要のない書類です。社長や代表取締役、公務員が今ついている役職を降りるときに提出書類なので、特殊な場合でなければ、普通は提出する機会はありません。

退職届の書き方

1.縦書きの便箋と白い封筒を用意する。

2.書き出しに「私儀」と入れる。

3.自己都合で退職をする場合は、「一身上の都合により」と入れる。

4.退職の日付を明確にする。

5.所属部署名と氏名を記入する。

6.宛名は基本的には代表取締役社長で、敬称は「殿」にする。

パート・アルバイトの仕事を辞める方法

辞める意志を伝えるタイミングは、法律上では2週間前までとなっていますが、お店側のシフト調整や引き継ぎのことを考えると1ヶ月前には伝えておくのがベストです。

さらに、お店の給料締日に合わせて辞めると、給料計算がしやすく働いた分の給料を揉めることなく貰えるでしょう。

有給が残っていたりするので、なるべく早いうちから伝えておけば自分にとっても雇う側にとっても都合が良いです。

また、必ず自分の上司にあたる店長や責任者に、直接伝えましょう。時間が取れない場合はあらかじめアポイントを取っておくとスムーズにいきます。

派遣の仕事を辞める方法

派遣の仕事を辞めたいときには、派遣会社に相談するようにしましょう。その場の判断で派遣先に退職の相談をすると揉める原因になってしまいます。

また、なるべく早めに相談し、余裕を持つことが大切です。一般的には1カ月前くらいが良いとされています。派遣は法律が通用せず2週間前では間に合わないかもしれないので、契約書をよく確認しておきましょう。

契約期間中に辞めると、派遣先の計画が狂い、人手不足になってしまいます。そうすると派遣会社の信用を失い、取引相手が減ってしまうこともあります。多くの人に迷惑をかけるので、社会人としての責任は持ちましょう。

仕事をスムーズに辞めるときの理由

仕事を辞める方法がわかっても、人間関係などを気にしてしまって、円満に仕事を辞めることは難しいですよね。

基本的には本当のことしか言ってはいけませんが、嘘の理由で辞めることも可能です。しかし、答え方には注意しましょう。

そんなときに使える、スムーズに仕事を辞めるための理由をご紹介します。

体調不良を訴える

現代の日本では、ストレスを避けて通ることはできません。ストレスは精神面だけではなく肉体的にも影響を及ぼしてきます。そのため、体調不良も立派な退職の理由になります。

医師の診断書がある場合は、用意しておくことが無難です。本当に体調不良なら問題ありませんが、嘘をつくときは入念にしましょう。

例えば同僚に協力してもらって職場の中でも具合が悪いことをあらかじめ噂にしておくのです。伝える時も気持ちを込めて話さないと、ただの甘えだと捉えられてしまう可能性があります。具体的な理由を詳しく話せれば嘘だとばれることはないでしょう。

また、体調不良が退職の理由であると転職する場合に不利になってしまうことがあります。体調が回復し、業務に問題なく就けることをアピールしましょう。

看病を理由にする

無難なのは家族を理由にすることです。

例えば看病をしないといけなくなったと言えば、納得してもらえますよね。

それなら仕方ないとなりますし、嘘っぽいと思われても会社側は真実か確かめようがありません。

嘘はあまりつきたくないと思うかもしれませんが、穏便に済ませるためには嘘も必要です。

夢を語る

自分のやりたい仕事が見つかったと言うのも良いですね。

本当に、やりたい事が見つかりチャレンジしたいのならすぐ行動に移すことが大事です。

部下が自分の夢に向かい、ステップアップしていくのは意外と嬉しいものなので会社側も応援してくれるでしょう。

今まで社会人としてのスキルを育ててくれた感謝を込めて、お礼を伝えてから辞めましょう。

結婚・妊娠を理由にする

結婚・妊娠を理由にすると、スムーズに辞めることができそうです。

現に寿退社という言葉があるくらいなので珍しいことではありません。会社の人も祝福して送り出してくれるでしょう。

妊娠だと、産休を取ってまた帰ってきてと言われるかもしれないので注意です。

予定はないけれど、辞めたいという人は少々心苦しくはなりますが嘘をついてみても良いかもしれませんね。

職探しならリクルートエージェントがおすすめ

仕事をやめて次の仕事を探そうと考えている方は、転職サービス「リクルートエージェント」に登録しましょう。

担当アドバイザーの方が、あなたのキャリアや能力に合った転職プランを提案してくれます。

書類作成や面談対策などの転職サポートも行ってくれるので便利です。まずは以下のリンクからサイトを見てみてください。

リクルートエージェントに無料で登録する