単身赴任の夫を持つ妻のストレス解消法5選:夫に愚痴を言うのはNG

家族は一緒に暮らすのが理想的です。しかし、やむを得ない理由で旦那さんが単身赴任せざるを得ない場合もあるでしょう。

旦那さんと離れて暮らすのは、不安もありますし、ストレスも溜まります。旦那さんの単身赴任が原因で、鬱になる女性も少なくありません。

今回は、単身赴任の夫を持つ妻のストレス解消法をご紹介します。

1.こまめに連絡をとる

まずは、旦那さんとこまめに連絡をとりましょう。

メールで近況報告をし合うだけでも気分転換になるのでオススメです。また、無料で利用できるテレビ電話のアプリを利用すれば、顔を見ながら会話することもできます。

ポイントは、決して愚痴を言わないことです。不安な気持ちはあるかもしれませんが、慣れない土地で一人暮らしする旦那さんも大変な思いをしていることでしょう。旦那さんを労らず、寂しい気持ちだけ主張するのは良くないです。

また、メールの返信が遅かったり、電話が繋がらなくても、イライラしてはいけません。旦那さんもはじめての土地に馴染む努力をしているのですから、単身赴任先での生活を尊重してあげましょう。

2.休日はできるだけ一緒に過ごす

休日はできるだけ一緒に過ごしましょう。

毎回旦那さんに帰省してもらうのでは、旦那さんの疲れが抜けません。そこで、あなたが旦那さんの部屋を訪れても良いですし、二人の中間地点で会っても良いでしょう。

一緒に過ごすと言っても、特別なことをする必要はありません。一緒にご飯を作って食べたり、二人でDVDを観るだけでもリフレッシュすることができます。

3.友人とお出掛けする

ここまでご紹介した方法は、旦那さんが日本にいるなら比較的簡単です。一方、旦那さんが海外に単身赴任していると、会える機会は極端に少ないはずですし、時差のせいで電話できる時間も限られます。

そこで次に、あなたが一人でできるストレス解消法として、友人と積極的にお出掛けするのがオススメです。仕事が終わってから同僚と食事に行くのも良いですし、週末に実家に帰省して学生時代の友人と会うのも良いでしょう。

旦那さんの単身赴任の愚痴を友人に聞いてもらえば、ストレスも軽減されるはずです。

4.趣味を見つける

あなたが没頭できる趣味を見つけましょう。家で一人でする趣味ではなく、外に出て他人と関わる趣味がオススメです。

他人と関われる趣味の一つとして、テニススクールやスポーツジムなどのスポーツ系の趣味があります。一緒に汗を流せば打ち解けるのも早くなるでしょう。

また、他にオススメの趣味として、料理教室や英会話教室のカルチャー系の趣味があります。同じものに興味を持つ仲間同士なので、きっと話が弾むはずです。

趣味に没頭すれば、一人暮らしのストレスも軽減されます。また、同じ趣味を持つ友人ができれば、あなたの休日がさらに華やかになるでしょう。

5.同じ境遇の友人を作る

あなたと同じ境遇の友人を作れたら、ストレスを大幅に軽減させることができるはずです。あなたと同じ境遇の友人なら、お互いの辛さを理解できますから話も弾みます。

最近では、SNSを通じて同じ境遇の女性を簡単に見つけることができるので、ぜひ試してみてください。

旦那さんにはストレスをぶつけないこと

単身赴任の夫を持つ妻は、自分で積極的にストレスを解消することが大切です。ストレスが解消できないままだと、せっかく久しぶりに旦那さんに会ってもイライラしてしまうかもしれません。

あなたのストレスが軽減されたら、旦那さんを気遣う余裕が生まれます。ストレスのない状態で旦那さんとの時間を過ごし、癒してあげられるようにしましょう。その結果、旦那さんが仕事に専念できたら、辛い単身赴任も乗り切れるはずです。