転勤に家族でついていく?単身赴任が良いかは家庭しだい

夫が転勤族の場合、転勤についていく妻はとても大変です。夫の転勤によって自分の生活スタイルや周りの環境が変わってしまうからです。今回は、夫が転勤族の場合、家族でついていくのがいいのか、それとも夫だけ転勤させる単身赴任がいいのかについてまとめていきます。

夫が転勤族という方や、結婚しようと思っている人が転勤族の人はぜひチェックしてみて下さい。家族でついていくのか、単身赴任か、いったいどちらがいいのでしょうか。

家族帯同の場合のメリット

転勤に家族でついていくという人ももちろんいます。子どもが学校に通っている場合転校になってしまいますが、それでもついていくという人はいます。転勤族の子どもの中には小学校6年間で2~3回転校したという人も居るんだとか。転勤に家族でついていくということにメリットをまとめます。

家族で一緒に暮らすことができる

単身赴任となると家に夫がいない状態ということになるのですが、なにかあった時が不安です。しかし一緒に暮らしていればなにかあった時に安心ですし、なにより子どもが居る場合、父親がいなくて寂しいという思いをしなくても済みます。

近年自然災害が多いので離れて暮らしているとやはり不安になりますよね。子どもが小さいうちは育児も大変です。一緒に子どもを育てていけるというのがメリットではないでしょうか。

様々な土地に行ける

全国転勤の場合、いろいろなところに住むことができます。例えば九州の人が関東や東北に住んだり、その逆もあるでしょう。その土地の文化に触れることができ、各地で友達を作ることができます。

単身赴任で行く場合のメリット

マイホームを持っている、子どもが学校に行く年齢になっているという場合には、転勤について行かず単身赴任という選択をする人が多いようです。子どもが学校に行く年齢になって単身赴任についていくと、子どもは転校しなければなりません。せっかく友達ができてもお別れしなくてはならないとなると悲しいですよね。

夫の転勤について行かず単身赴任となった場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?家族が離れて暮らすことになるのでデメリットが多そうなイメージがありますが、メリットはあるのでしょうか?

家事の手抜きができる

単身赴任ということは家に夫がいないということです。子どもと自分中心の生活になるので、夫に気を使う必要がありません。家事を少しさぼっても文句を言う人がいないので、家事を手抜きすることができます。

ご飯もきちんと用意しなくてもよく、簡単にできるもので済ませることができます。特に仕事をしている人なら、家事をさぼることができるのは嬉しいのではないでしょうか。

妻が仕事をしやすい

転勤についていかないので、妻が正社員で働いていてもそのまま働き続けることができます。自分のキャリアを犠牲にしなくてもよくなります。

旅行がてら会いに行ける

転勤している夫に会いに行く場合、転勤先が県外であれば旅行がてら会いに行くことができます。宿泊費は要りませんし、家族でちょっとした観光もできるでしょう。

転勤に伴う選択は家庭環境しだい

夫の転勤についていくのがいいのか、単身赴任がいいのかということは、家庭環境によって異なります。子供が居る場合、子どもの年齢によっても変わってくるでしょう。高校生になると子供は寮で親は一緒という選択もあります。

夫の転勤に伴う選択は、費用や子供の進路などをよく話し合って決めましょう。