就活でメンタルをやられてしまったときの対処法4選:息抜きが大事!

就活をして企業から内定をもらうということはとても難しいことです。

何社も受けたにも関わらず、全滅してしまったという人も少なくなく、就活中にメンタルがやられてしまうという人もいます。

面接で圧迫面接をされてしまった、友達の内定が出て嫉妬したりなどでメンタルがやられてしまうケースはとても多いです。

そこで今回は、就活でメンタルがやられてしまったという学生の方のために、おすすめの対処法を4つ紹介していきます。

就活でメンタルがやられてしまったときの対処法4選

就活でメンタルがやられてしまったときの対処法を4つ紹介します。

自己分析してやり直してみる

就活に最も大切なことは自己分析です。自己分析がしっかりできていなかったため、自分に合わない企業を受けてしまい内定をもらうことができなかったというケースは少なくありません。

何社も受けたにも関わらず全滅してしまった場合、自己分析がしっかりできていなかった可能性があります。

今までの就活のことはリセットして1から自己分析を始めてみてください。就活をしてきたからこそ見えてくる結果もあるでしょう。自己分析が終わったらまた1から就活を始めていくようにしてください。

就活でメンタルがやられてしまった場合、そのままの状態で就活することはおすすめしません。1度リセットし自分をよく見つめなおしていきましょう。

息抜きをする

就活でメンタルがやられてしまった時の対処法としておすすめしたい方法は、息抜きをするということです。就活中に息抜きをするということはとても大切なことになります。

圧迫面接を受けたりということが続くと精神的に疲れてしまいメンタルがやられてしまいます。メンタルがやられてしまった状態で就活を行ってもうまくいきません。

そこで大切なのが息抜きになります。息抜きをして、就活の辛さから一旦離れるようにして下さい。気持ちが楽になることができれば、また就活を頑張ろうという気が湧いてくるはずです。

息抜きする方法にはたくさんの方法があります。

好きなものを食べたり、友達と愚痴を言い合ったり、趣味に没頭するなど、自分に合った息抜き方法を見つけ、就活で疲れたなと感じた時には息抜きして自分を休ませてあげて下さい。

相談する

就活でメンタルがやられてしまった場合、誰かに今の自分の状況を話し相談に乗ってもらいましょう。

相談する人ですが、友達や家族など身近にいない人をおすすめします。できるなら同じように就活に苦労した先輩がいいですがなかなか難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのは就活のプロと呼ばれる人たちです。

「就活プロ 相談」と検索するとヒットするのでぜひ利用してみて下さい。顔が見えない相手だからこそ自分の胸の内をさらけ出すことができます。

相談できる場があるだけでも、メンタルがやられてしまった時に心強いのではないでしょうか。

就職以外の道もあることを知っておく

就活でメンタルがやられてしまった人は、就活に失敗したら人生も終わってしまうと思う方が多いようです。しかしそのようなことはまったくありません。

大学4年生で就活をして内定をもらって就職、それが当然だと思っている人が多いです。しかし、就職浪人、大学院、留学、専門学校、起業など、様々な道があります。

私たち日本人は、人と違うことをすることに抵抗がある人が多いです。就職以外の道もあるんだということを理解しておくだけでも就活に追いつめられることはなくなるでしょう。

就活でメンタルがやられ就活うつにならないためにも、逃げ道があることを知っておくことは大切です。