保育士から幼稚園教諭に転職って簡単?仕事内容の違い、転職すべき人

保育士と幼稚園教諭は、似ているようでやることは違います。

一番の違いは必要な免許でしょう。保育士と幼稚園教諭とでは、必要な免許がそもそも違うので、幼稚園で働くには、幼稚園教諭の免許がなければなりません。

以下では、そんな保育士と幼稚園教諭の具体的な仕事の違いと、保育士から幼稚園に転職すべき人をご紹介します。

保育士と幼稚園教諭の仕事の違い

そもそも、保育士と幼稚園教諭の仕事内容にはどのような違いがあるのでしょうか。

幼稚園教諭は教師という区分なのです。そのため、管轄も文部科学省で、職場も正式には学校という扱いになります。

それに対し、保育士は厚生労働省の管轄で、日常的に子どもの面倒を見られない両親の手助けで日常支援を行うという位置づけです。

そんな幼稚園と保育園では仕事内容も違ってきます。

保育園のほうが基本的に預かる時間も長く、長くて12時間ほどになることもあります。

幼稚園は4~5時間ほどになるので、預かる時間に違いがある分、仕事内容も違います。加えて、毎回決まった時間に出勤し、決まった時間に帰宅するのが幼稚園教諭です。土日が休みというメリットまります。

幼稚園では、給食は任意ですが、保育園では義務になっており、昼食の介助も必要になってきます。

教育を目的とする幼稚園に対し、保育園では保護者の代わりとして関わるので、日常生活の補助や生活習慣を身に着ける手伝いを行います。

体力面での違いだと、幼稚園は3歳からに対し保育園は0歳から受け入れるので、おむつ替えやだっこやおんぶなど体力的に負担のかかる仕事も多いようです。

また、保育園では、園庭が無い場合や狭い場合が多いです。そのため、外遊びや運動会や発表会の練習を園外の公園や近隣の小学校で行うことがあります。

そういった際には子どもが事故に遭ったりしないように、気を配る必要があります。

ただし、幼稚園は保育園とは違い児童数も多く、一人の教諭に対する児童の数が、保育士より多くなるでしょう。

保育士から幼稚園教諭になるのって簡単?

保育士資格を取得する際に通っていた学校で幼稚園教諭の資格も一緒に取得できるケースが多いようです。

基本的には免許さえあれば幼稚園教諭として働けますので、難易度は高くないでしょう。ただ、幼稚園教諭の免許を持っていない場合は新たに取得しなければなりません。

ですが、保育士としての経験が3年以上で4320時間以上あれば、幼稚園教諭の資格取得条件が緩和されるので、今から免許を取得するのも決して無謀なことではないのです。

ただ、この資格取得条件緩和は2020年までのものとなっているので、決意するなら早めの行動が必要です。

保育士から幼稚園教諭に転職したほうがいい人

では、どんな人が保育士から幼稚園教諭に転職したほうがいいのでしょうか。

転職を考える際には、まずは、自分がどんなことをしたいのかを考えることが重要です。

仕事をする上で何を求めているのかを再確認しましょう。

決まった時間に帰れて、土日休みのワークライフバランスを望むなら幼稚園のほうが適しているでしょう。

反対に、土曜日に休みが取れないことがあっても、決まったカリキュラムをこなすだけでなく、自分のできることを臨機応変にこなしながら子どもたちと楽しみたいのであれば保育園に向いています。

幼稚園は学校ですので、決まった時間に決まったことをしなければなりません。もしそれが苦でないのなら、幼稚園教諭を目指してみてもいいかもしれません。

そして受け入れ年齢も3歳からなので、乳児保育をしたい人は保育士のほうがいいでしょう。

自分がどうしたいのかをじっくりと考えて、保育士から幼稚園教諭に転職するべきかを考えましょう。