病児保育士ってどんな仕事?病児保育士の仕事内容となり方まとめ

保育士と聞くと一般的に思い浮かべるのが保育園で子供の面倒を見る仕事ではないでしょうか。しかし、保育士の中には病児保育士という仕事があるのです。今回はこの病児保育士を見ていきましょう。

病児保育士とは

病児保育士は保育士の一種ですので、子どもの面倒を見る仕事であることに変わりはありません。

一般的な保育士は健康な子どもの保育をするのに対し、病児保育士は病気の幼児を保育する仕事をします。そのため、普通の保育園ではなく、特別な施設が職場となります。

特別な施設とは?

特別な施設とは病児病後児保育室のことを意味します。

子どもの病気が当面治らない場合に子どもを預かるのが病児保育、回復期にある子供を預けるのが病後児保育と呼ばれるもので、合わせて病児病後保育と呼んでいます。

病児保育士になるためには

では、病気の幼児を保育する病児保育士になるためにはどのようにすればよいのでしょうか。

実は病児保育士という資格は存在しないのです。病気の治療や診断はお医者さんや看護師がしますので、医療関係の資格は必要ありません。保育士においても無資格でも子どもの保育はできます。

しかし、仕事の幅がかなり制限されていますので、保育士資格は必須ではないですが、必須資格に近い資格と言えるでしょう。

病児保育士の仕事内容

病児保育士になるためには特別な資格がないと分かりましたが、では病児保育士は一体どのような仕事をするのでしょうか。

既に述べたように病気の子どもの面倒を見ることがメインの仕事です。元気な子どもを保育するのとは違い、病児保育士の場合は病気や回復に向かっている子どもを元気づけたり励ましたりします。

そのため、精神的には一般的な保育士に比べて負担が大きいので、根気強さといった強い精神が求められます。

両親に対するフォロー

病児保育士は病気の子どもに対する保育だけが仕事ではありません。

病気の子供を保育園に預けなければいけない両親の不安に対してもフォローしなければいけません。病児保育士がきちんと面倒を見ているという安心感を保護者に与えることも重要な仕事の一つです。

イベントがない

このように一般保育士に比べると大変なことが多いです。

しかし、一般の保育園で働く保育士に比べて運動会やお遊戯会といったイベントがないため、これらの準備に追われることはないというメリットがあります。

保育園での保育士は、子どもの面倒以上に、イベントの企画や準備が大変です。

そういった企画や準備を負担だと感じてしまう人にはイベントがない病児保育士に向いているのかもしれません。

求められるスキルは

病気の子どもの面倒をみたり、保護者へのフォローが必要だったりとストレスがかかる仕事です。強いメンタルを持つことが求められます。

また、病気が回復したあとには一般保育園に入園するため、一般保育園との連携なども必要になり、きめ細かな対応ができるスキルが必要です。

病児保育士に転職するには

病児保育士としてのスキルがあると感じたら、病児保育士として働きたいと思う人もいるでしょう。病児保育士は一般保育士に比べてお給料が高いところが多いため、転職を希望している保育士も多くいます。

病児保育士へと転職する場合は、病院保育を行っている施設を探すことから始めることをおすすめします。保育士の資格があれば、厳しい条件が課されることもないため、その他待遇面での条件が合えば転職ができるでしょう。

病児保育士に転職を考えた際にぜひ活用してもらいたいのが、ほいく畑です。病児保育士のような、特殊な保育求人も充実しているのが特徴です。コーディネーターに相談することもできるので、転職をしたことがない人でも安心して転職活動ができます。

本格的に転職活動を考えていなくても、無料登録して情報をチェックしておくだけで、将来もし転職することになった際に自分に合った職場に転職できる可能性が高くなります。

ぜひ、ほいく畑に登録して活用してみてください。

病児保育士のやりがい

病児保育士は精神的にも大変な場合がありますが、子どもが回復して元気になっていくのを目の当たりにできるので、やりがいを感じることができます。

優しく接することが重要ですので、自分の気持ちもおおらかになっていくことを感じることができるでしょう。