意外と多い!?営業職から事務職への転職:営業のノウハウを活かそう

営業から事務に転職するのはかんたんでしょうか?営業と事務では仕事内容も違うし、転職を諦める方も多いと思います。

しかし、営業と事務の仕事の違いをしっかりと知っておけば、営業から事務への転職も難しいものではありません。

この記事では、営業と事務職の仕事内容を考えたうえで、転職の方法や向いている人の特徴を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

また、おすすめの転職サイト「リクルートエージェント」なら、専任のアドバイザーが徹底的にサポートしてくれるため、異業種への転職もスムーズにできます。

なんとなく転職を考えている方でも登録して求人情報を見ておくと便利です。

事務職の仕事内容

まずは事務職の仕事内容について確認していきましょう。

主な仕事は書類やデータの処理

事務職の基本的な業務は、営業資料の作成や契約書類の作成が主な業務です。その他にも、PCを使ってデータを整理したり、ファイリングを行うことが業務となります。

会社の中で起こるさまざまな事務作業を担当するのが事務職の基本的な業務です。会社にいる人々が円滑に仕事をこなせるようにサポートするのが事務職の仕事と考えておけば間違いありません。

営業から事務に転職するメリット

では、営業職から事務職へ転職する際のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。以下ではまず、メリットから紹介します。

売上ノルマから解放される

営業から事務に転職するメリットとしては、まず第一に営業と比べるとプレッシャーが少ないということが挙げられます。

営業職はノルマが課せられていることがほとんどですが、事務職にはノルマがありません。

ノルマから解放されることによって精神的な負担も減るでしょう。

定時退社ができる

営業職とは違い、事務職はノルマもなく定時に帰宅することができるので、会社後や休日の予定も立てやすくなります。また、仕事と家庭とも両立しやすいでしょう。

時間に余裕が出れば気持ちにも余裕が出てきますし、プライベートも充実させることができるでしょう。

仕事が天候や道路状況に左右されない

営業職はその日の天候や道路の混雑具合によって仕事の仕方が変わってきます。しかし、事務職はそういったことに左右されないため、安定した働き方ができるでしょう。

営業職は覚えるべき情報が多いのに対し、事務職はある程度仕事が決まっているので転職してもルーティーンワークに近い形なので、すぐに仕事を覚えられます。

営業から事務に転職するデメリット

以上では、営業職から事務職に転職するメリットを見てきました。では、デメリットはどういったものがあるのでしょうか。以下で紹介します。

社内の人間関係の管理をしなければならない

営業職から事務職に転職するデメリットとしては、その会社内の雰囲気が悪いとかなりストレスになることです。営業職と違って外回りはないので、同じ会社の中で同じ人と基本的に長時間過ごさなければなりません。

そのため、会社内の雰囲気が悪い所に転職してしまうと、かなりバツの悪い思いをすることになるというデメリットがあります。人間関係を上手に管理しなければなりません。

スキルや資格によって仕事を評価される

営業職から事務職に転職するデメリットとして挙げられるのは、評価がスキルに依存するということです。事務作業はPCを使った作業が多くなるため、PCで作業が効率的にできないで事務をするのはかなり苦痛です。

また、そのスキルに応じて上司からも評価されることになるので注意が必要です。

扱う仕事の幅が広い

事務職は会社によりますが、仕事のやり方がある程度決まっている反面、扱う仕事が幅広くなります。資料の作成や管理だけでなく、来客の対応などもしなければなりません。

瞬時に仕事の優先順位をつけて仕事をこなしていくスキルが求められます。

営業職から事務職に転職すべき人

では、どのような人が営業職から事務職に転職すべきなのでしょうか。以下で紹介します。

営業職で体力的に限界を感じている人

営業職から事務職に転職すべき人として挙げれるのは、体力的に営業の仕事がきついと感じるようになった人です。

外回りなどで会社外の人と会ったり、休日を返上して接待を行ったり、出張で遠くにいくことが体力的にきついという方は事務の方が確実に向いています。

会社の外の人との付き合いもなくなるので、自分の時間が持てるようになります。

陰から会社を支えたい人

会社内の人材を育てたいなど、縁の下の力持ちとして働きたいという場合にも営業職から事務職に転職すべきです。営業職は会社の利益のために働く仕事ですが、事務h足は会社で働く人たちのために働く仕事です。

そのため、会社の人たちをサポートしたいという希望がある場合には、営業から事務に転職すべきです。

営業から事務に転職する方法

営業から事務に転職したほうが良い人の特徴がわかったところで、次は転職の方法について考えていきましょう。

転職には多くの労力を伴うので、なるべく効率よく進められる方法を知っておくと便利です。

社内で部署異動する

営業から事務に転職する一般的な方法としては、会社内で営業から事務に転職することもあります。

その際、営業から事務に移りたい旨を上司や人事部に伝えることになります。

上司や人事部と十分に相談して、それが認められればスムーズに転職することできるので、必ずしっかりとコミュニケーションをとるようにすることが大切です。

あらかじめ、自分自身でなぜ他の部署に移りたいのかを明確に把握しておくことが大切です。

転職サイトを利用する

営業から事務に転職する最も簡単な方法は、転職サイトを使って仕事を探すことです。転職サイトなら自分の希望する条件に合う仕事を探しやすいので非常に便利です。

給与面や労働環境、福利厚生などについても知ることができます。転職サイトを使えば、転職エージェントなどに希望の仕事について詳しく聞くことができる点も非常に便利です。

転職サービスのリクルートエージェントなら、自分では持ちかけづらい年収や勤務形態についても、プロのキャリアアドバイザーが代わりに企業側と交渉してくれます。

また、面談を通してピッタリだと判断された求人を紹介してくれるので、自分ひとりで探すよりも断然効率もよく安心できます。転職を本格的に検討していない人でも、アドバイザーに相談だけするぜひ自分にぴったりな職場を探してみてください。