介護士の人間関係が悪化する理由と対処方法を紹介!

仕事をする上で人間関係は重要なことです。特に介護士の仕事は人間関係の良し悪しでケアの質も変わってきます。

では、何なぜ介護の仕事では人間関係が悪化するのでしょうか。今回は人間関係が悪化する理由と対処法を9つ紹介します。

今の介護士の職場の人間関係が悪くて耐えられないという方は転職を考えてみてもいいかもしれません。転職サイトリクルートエージェントは圧倒的な掲載数と丁寧なサポートで評判です。

登録は無料でとても簡単にできます。気になる方はチェックしてみてください。

介護士の人間関係が悪化する理由

人間関係が悪化する理由にはどういうものがあるのでしょうか。

仕事の仲間の中での価値観の違いや、悪口や嫌がらせなど、たくさんの理由があります。

ケアの統一がされていない

介護士の仕事は、毎日決まった事だけをやるのではなく、その日その日行う業務の内容が変わる為、ケアの統一がさにくいです。

統一されないと介護士の負担も人によって変わるので不平、不満が出やすくなります。

そのため職場内の雰囲気も悪くなり、人間関係の悪化に繋がります。

給料が安い

介護士の仕事は、介護する意欲を持ち、理想を掲げ仕事をしていても、それに見合った給料が貰えません。

給料が低いと生活していく上で家計が苦しくなり、ちょっとした事でもイライラするようになり他人につい当たってしまいトラブルの原因になってしまいます。

給料が安いことは人間関係以外でも、生活全体に悪い影響を与えてしまいます。

介護士同士の価値観の違い

人を相手にする仕事ですから、これが正解だというのがありません。

そのため、介護士の価値観一つでケアの方向性が決まってしまいます。

職員の年齢層も幅広く、10代から60代までの職員が同じ部署にいるわけですから、全員同じ価値観で仕事が出来るわけがありません。

そういった価値観のズレが次第に大きくなり、人間関係の悪化に繋がります。

陰口や嫌がらせが多い

女性が多く働く職場ではどうしても陰口などが増える特徴があります。

女性特有の陰湿な嫌がらや、悪口で働くことが嫌になる人も多いのだとか。

陰口や嫌がらせはストレスに直接的に繋がり、ストレスからくる体調不良を訴える介護士も増えてきています。

セクハラ

患者さんから介護士にセクハラ行為をするということはとても多くあるのだとか。

少しボディタッチをされるものならまだしも、襲われることもしばしば。女性にとっては精神的にも苦しくなってしまいます。

患者さんとの人間関係は仕事上1番大事にしなければいけないため、仕事をやりにくい環境になっているかもしれません。

残業が多い

介護の仕事は日々の業務の他にもイベントなどがあり、そのために残業をしなくてはいけません。

ただでさえ過酷な業務や人手不足なのに残業も加わると疲労やストレスが増し、人間関係の悪化にも繋がってきます。

さらに、残業は自らやっているという理由から、残業代を自分から言い出せないケースも増えているのだとか。

介護士の人間関係が悪化した時の対処法

具体的にどのようにすれば人間関係の悪化を改善できるのでしょうか。

ここでは対処方法を紹介していきます。

ケアの統一を図る

全部の業務統一は出来なくとも、その日最低限行はなくてはいけない介護業務や日課など統一してみてください。

確実にやらなくてはいけないことだけでも統一されると統一感が生まれてくるはずです。

また、マニュアルの作成をし、意思の統一をはかるのも良いでしょう。

生活水準の見直し

給料に関しては地域や職場によって変わるが、自分の生活水準を見直す必要があります。

無理に節約するとストレスの原因にもなるので要注意。

生活に少しでも余裕が出来ればイライラを抑えることも出来、相手に対し物腰が柔らかく接することもしやすくなるでしょう。

自分の性格を知る

まずは、自分の性格を自分で理解し、分析してみましょう。

自分の性格を知る事により、どのような時にイライラしてしまうか、嬉しいと感じる事が出来るかを知り、感情をコントロール出来るようになります。

自分のイライラポイントを知っておけば、物事を客観的に見ることができます。

相手の価値観を認める

相手の価値観を認めても自分の価値観が下がるわけではないので、認めるとこは素直に認め、トラブルの原因を回避しましょう。

人それぞれ違う価値観を変えて同じにすることは至難の業です。

しかし、認めて受け入れることは誰にでもできることです。視野も広がる良い機会になるでしょう。

派閥に属さない

陰口や嫌がらせなどの輪にははまらず、自分自身をしっかり持ってください。

他の職員が自分に陰口を話しかけても同調せずに、聞き流すことが大事です。

ストレスの発散をする

仕事とプライベートの時間をしっかり分け、なるべくプライベートの時は仕事の事を考えずに自分の好きな事だけをし、ストレス発散に努めてみてはいかがでしょうか。

音楽を聴いたり、体を動かしたりすると嫌なことも一瞬だけ忘れることができます。

このような息抜きを定期的に行うことが職場の人間関係を良好に保つことに繋がります。

スキルアップをする

今の地位や役職より上に行き、ある程度の発言が出来るようにすれば、自らが先頭に立ち、人間関係の改善がしやすくなる、そのような意味でスキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。

資格を増やして、できる仕事を増やすのは人間関係を改善するだけでなく、介護士としてもレベルアップできるの一石二鳥です。

とてもおすすめの方法なのでぜひ試してみてください。

転職を考える

人間関係の悪化でどうしようもなくなった場合は思い切って転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

介護の仕事はどこも人材不足なため、ある程度経験をつんでいる職員だとどこでも即戦力になります。

今の職場でどうしても無理な場合は転職を考えるのも一つの方法です。

転職サイトでおすすめしたいのがリクルートエージェントです。業界ナンバーワンの大手企業リクルートが運営しているため、実績もあり、信頼できると評判です。

1人1人にキャリアアドバイザーが就き、丁寧に相談に乗ってくれます。この相談だけでも無料で行えます。

無料で簡単登録できるので、今すぐアクセスしてみてください。