クラッシャー上司の特徴と対処法:追い込まれる前に相談しよう

部下の心を壊す、クラッシャー上司という存在を知っていますか?クラッシャー上司とは、気分の上下が激しく、執拗に部下を叱責したりし部下を休職や退職に追い込む上司のことを言います。

今回は、クラッシャー上司の特徴と、クラッシャー上司から身を守る方法を紹介します。

また、どうにもならないクラッシャー上司とこれ以上一緒に仕事ができない、したくないと感じるならば転職を考えてみても良いでしょう。

転職サイトはいくつかありますが、今回おすすめは転職成立率NO.1の「リクルートエージェント」というサイトです。

キャリアアドバイザーが、あなたに合った会社を紹介してくれたり、面接の調整・対策まで行ってくれるので、多忙なビジネスパーソンから評判です。すぐ無料会員になれるので、登録してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント無料登録する

クラッシャー上司の特徴

多くのクラッシャー上司には共通点があります。クラッシャー上司の特徴をみていきましょう。

何人もの部下を辞職に追い込んでいる

クラッシャー上司の最大の特徴は、何人もの部下に、日常的にストレスを与え続け精神的に追い詰めて、辞職や休職にしていることです。

クラッシャー上司の元で働いた人は、うつ病になることが少なくありません。自分の周りで被害を受けた人の声を多く耳にした場合、間違いなくその上司はクラッシャー上司と言えるでしょう。

感情の起伏が激しい

クラッシャー上司は、いきなり怒り出すなど感情の起伏が激しい人が多いです。先ほどまでは普通だったのに、ちょっとしたことが原因で怒り出すことも珍しくありません。またプライドが高い人が多いともいわれています。

コロコロと態度が変わる上司に部下はいつも気を張ることになり、結果として精神をすり減らしていってしまうのです。

叱るのではなく罵倒する

クラッシャー上司は、部下がミスをした際に注意や反省を促す言葉ではなく、何時間も職場の人の前で一方的に、人格を否定するような言葉で罵倒します。

身体的な暴力はなく、職場の人間にばれにくく注意されにくい、言葉の暴力を振るうことが多いです。また、部下の過去のミスまで引き出し、繰り返し罵倒することも特徴的です。

自分のミスを認めようとしない

部下のミスは執拗に攻めますが、自分のミスは認めようとしないことも、クラッシャー上司の特徴です。

クラッシャー上司は自分の能力を会社に認めさせることで立場を保っているため、ミスを指摘されることを嫌います。

クラッシャー上司のミスを指摘すると、逆ギレされることも少なくありません。自分のミスを、部下に擦り付けることもあります。

基本的に部下は自分のものだと思っているため、平気で罪を責任転嫁してしまうのです。

人の一部を見て全てを決めつける

クラッシャー上司は、自分の意見が正しいと思っているので人の話を全て聞いていません。

そのため、わずかに得た情報から、その人の人間性まで全て決めつけてしまいます。例えば、部下が何気なく発言した一言に対して冷静に捉えることができす、これが原因で理不尽に怒ったりしてしまうのです。

クラッシャー上司は、思い込みが強く人への感受性に乏しい性格だと言えるでしょう。

クラッシャー上司の心理とは?

クラッシャー上司は、基本的に「仕事ができる」のが特徴です。そのため、周囲の人もその異常性に気づかず、どんどんと出世していくというパターンも多いのです。

ではなぜ、能力が高く仕事もできるのに人の気持ちを理解することができないのでしょうか?それは、次のような心理が働いているからです。

自分ができることは他人もできる

自分が仕事ができるため、部下にも自分と同じ程度の仕事を求めてしまいます。できないという気持ちがわからないため、なぜこんなこともできないのだと部下を怒ります。

その反面教えることが下手で、質問しても自分で勉強しろ、見て学べなどと教えてくれないことも多いでしょう。

自覚がない

クラッシャー上司の大きな特徴は、自分は会社にとって正しいことをしていると本気で思っている点です。よって、自分がやっていることに対して罪悪感がないため、批判されたとしても何が悪いのかということに気づきません。

また、部下に厳しくすることが教育だと考えており、たとえ指摘しても自分の非を認めようとしません。
 
パワハラ・モラハラ上司とは違い、仕事ができるので、会社からも必要とされている人が多く、会社に相談しても注意すらしてもらえないかもしれません。そのためクラッシャー上司が変わることはないといえるでしょう。

売上・成果第一

クラッシャー上司は実力を認めてもらいたいという気持ちが強く、自分のチームの売り上げを一番に考えていることが多いです。

成果を重視するあまり、部下の仕事の内容や効率にばかり目が行き、気持ちや働きがいなどの面まで気を配ることができないのです。

脳のタイプが原因?左脳派

驚くことに、脳のタイプもクラッシャー上司につながる一因となり得ます。

クラッシャー上司は論理思考に強い左脳派の人が多いです。実は左脳派タイプの人は、相手の感情を考えたりすることや汲み取ることが苦手な傾向があります。

クラッシャー上司の対処法

身体や心が追いつめられる前に、クラッシャー上司から身を守ることが大切です。クラッシャー上司の対処法をみていきましょう。

言われたことをとりあえず肯定する

クラッシャー上司は自分の非を認めませんから、いくら自分が正しい場合でも、クラッシャー上司に言い返すことは無意味です。心では納得がいかなくても、クラッシャー上司から言われたことを全肯定しましょう。

理不尽だと思っても言い返せないのは大変ストレスになりますが、そこで反論したとしても、余計にあちらの怒りを増幅してしまうだけです。自分と相手を同じ土俵で考えず、「この人はこういう人なんだ」と諦めてしまった方が良いです。

怒られている間、言い返さずに無心で耐えることで罵倒される時間も短くなる可能性があります。

職場に味方を作る

いきなり怒り出すクラッシャー上司に、「いつ怒鳴られるだろう。」と恐怖心を抱き萎縮してしまい、仕事に集中できない人も少なくありません。

そんな時には、クラッシャー上司について信頼できる職場の人に話しましょう。会社の上層部は、クラッシャー上司の実力を考慮してそういった訴えを聞いてくれないかもしれないので、まずは味方になってくれる可能性の高い、クラッシャー上司の部下から話しかけることをおすすめします。

また、会社に設置されているコンプライアンス相談窓口に相談することも有効です。職場に味方を作ることが難しい場合は、弁護士などの力を借りて法的手段に訴えましょう。

クラッシャー上司の行いが極めて悪質だとされた場合、被告は損害賠償を求めることができます。また、現在刑法では「名誉毀損罪」「脅迫罪」「侮辱罪」が定められており、罪が重い場合はこれらの規定で裁くことができます。

全てを受け入れない

理不尽に怒られたり、理不尽に仕事を任されたりする場合があります。そんな時に、ここまでという線を決めて聞き流すのが得策です。

ここまでは認めるけど、ここから先は理不尽だという内容をずっと真面目に受け止めてしまうと自分が壊れてしまいます。なので、真剣に話を聞く態度を示しながら、自分で聞かなければいけない話とそうでない話の線引きをしましょう。

仕事を退職する

最も効果的で安全な方法は、クラッシャー上司のいる職場から離れることです。仕事を辞め転職することが、クラッシャー上司から身を守る上では一番懸命かもしれません。

クラッシャー上司がいる会社は、基本的にそういった人物を放置する会社といえるので、あまり改善の見込みはないことが多いです。また先ほども述べたように、クラッシャー上司自身は自分が悪いことをしているという自覚がないため、変わることもありません。

転職は、転職先がなかなか決まらないこともありますし、新しく人間関係を築くのが苦手な人には辛い選択です。それでも、精神的な苦痛をクラッシャー上司から受けている人は、休職という形でもクラッシャー上司から距離を置いた方が良いでしょう。

休職する場合の流れとしては、まず心療内科に行って診断書を書いてもらいましょう。休職期間中の給料について不安に思う方もいらっしゃると思いますが、その期間は「傷病手当金」として給料が出るので、心配しなくて大丈夫ですよ。

次の職場でクラッシャー上司にあたらないために

いざ転職を考えても、またクラッシャー上司の下につくことになったらどうしようと不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

そのためのポイントとして、会社の離職率を聞いてみましょう。離職率が高いというのは、クラッシャー上司がいる可能性が高いです。そうでなくても、あまりよい環境の職場とは言えないでしょう。

転職活動は意外に時間がかかるもので、クラッシャー上司に潰されてしまう前に登録だけでもしておくことでスムーズに転職できるようになります。

そこで、会員制転職サイトのリクルートエージェントで転職先を探してみてはいかがでしょうか。企業とのパイプを生かした求人がたくさんあり、非公開求人が全体の90%で約10万件もあります。

リクルートエージェントでは、転職のプロが徹底的に調べた情報からあなたが働きやすい職場に導いてくれるでしょう。簡単に登録できますので、無料会員になってみてはいかがでしょうか。

クラッシャー上司は自信家で自分が正しいと思い込んでいるので、クラッシャー上司でなくなることはありません。新しい職場で素敵な上司の下で働きましょう。

リクルートエージェントでいい上司と出会う