年収150万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法

年収150万円となると一般的には新入社員の方、パートやアルバイトの方が多いと思います。その場合は大体年収150万円くらいが相場です。

しかし、そうでない場合年収150万円ははっきり言って、正直少ないです。しかし、貯金が無い方にはこのお金で生活していくしかありません。

今回は年収150万円の人のライフスタイル、そして、このままの年収では満足できない、という方にどのようにすれば収入を上げることができるのかを教えます。

年収150万円の世間的評価

平均年収420万円と比べると、やはり年収150万円は少ないとされているようです。年収150万円の人の手元に入ってくるお金はおおよそ130万円ほどであり、月収にすると12万5千円で、手元に入ってくるのは10万円ほどです。

月10万円で生活となると、生活は厳しく、節約が必要になってくるのではないでしょうか。

                 

年収150万円の人のライフスタイル

家賃、貯金額、趣味、結婚など、ライフスタイルにはお金が直結して関わってきます。

年収150万円の人のライフスタイルはどのようなものが多いのでしょうか。

家賃の相場は3~4万円

年収150万円の人は一軒家を持つことは難しいので、賃貸住宅に住むことになります。

家賃にかけれるお金は手元に入ってくるお金の約3割とされています。よって、家賃の相場は3万円~4万円といったところです。

地方ならこのくらいの家賃でも1dkほどの間取りの家に住むことは可能です。都内では厳しいので、千葉など都内近辺の関東に住むことをお勧めします。

趣味にお金は使えない

趣味はおそらく多少は我慢しなくてはいけません。貯金する予定のお金を趣味に使う、ということもできると思いますが、あまり良いとは言えません。

しかし、まったく趣味にお金を使えないことはありません。

月1万円ほどなら趣味にお金を使うこともでき、貯金もすることが可能です。

結婚して家庭を持つのは苦しい?

結婚をする、ということはできないことはないですが、生活的にかなり厳しくなります。配偶者と共働き、という場合には負担はそこまでかからないですが、それでもこの年収での結婚はおすすめしません。

結婚は早くしたい気持ちはわかりますが、経済的に余裕ができてからでないと、将来厳しくなることは間違いありません。

収入を増やす方法

正直、年収150万円くらいでは、物足りない、生活が厳しいと思う方がほとんどです。

ではどうすれば収入を上げることができるのか。いくつか紹介していきます。

副業を始める

副業によって収入を増やす方法があります。副業にはデータ入力などの単純作業の仕事、ブログを開設し、広告収入を得る仕事、クラウドワークスなどに登録してライティング作業を行う仕事などがあります。どれも空いた時間に比較的簡単にできるので、おすすめです。

しかし、副業が禁止という会社もあるので、あらかじめ確認が必要です。

資格の取得

資格を取得することで給料が上がり、収入が上がる場合があります。おすすめの資格としては、個人的な資産運用や金融に関するアドバイスをするファイナンシャルプランナーや不動産業界に勤めている方には宅地建物取引士、日商簿記があります。

資格を取ることは決して簡単なことではありません。それなりに時間と労力がかかります。しかし、給料が大幅に上がる資格もあるので、余裕があれば挑戦してみるのもいいのではないでしょうか

転職を考える

転職することで収入をあげるという方法があります。転職の場合、企業は即戦力を求めてきます。そのため、アピールポイントに自信がないという方は語学力を身につけたり、資格を取得することをおすすめします。

転職をする際、本当に転職を考えている会社が自分の理想の会社であるかは自分だけで判断することは困難です。そんなときは転職サイトのリクルートエージェントを利用することをおすすめします。

専門のコンサルタントが自分の希望の会社についての紹介や面接対策、転職後のフォローなども行ってくれます。

ぜひ活用してみてください。